C言語入門カリキュラム

C言語

C言語 ファイルから読み込み【fgetc/fgets/fscanfの使い方】

C言語でファイルから文字列情報を読み込みたい時の方法を学びましょう。ファイルから読み込むための「fgetc」「fgets」「fscanf」の各関数の使い方を解説します。
C言語

C言語 ファイルへの書き込み【fputc/fputs/fprintfの使い方】

C言語でファイルへの書き込みを行うためには「fputc」「fputs」「fprintf」関数を利用します。各関数の特徴の違いを見極めたうえで使いこなしましょう。
C言語

C言語 ファイルの開き方・閉じ方【fopenとfcloseの使い方】

C言語のプログラムからファイルを制御する方法を学びましょう。まず最初に覚えることはファイルを開くこと・閉じることです。fopen関数とfclose関数を使ったファイルの扱い方を学習しましょう!
スポンサーリンク
C言語

C言語 エンディアン【通信やファイルの読み書きで必須の知識!】

エンディアンとは複数バイトで表現される数をメモリ上でどのように管理するかという方法です。ビッグエンディアンとリトルエンディアンの2つがあり、管理方法が異なります。エンディアンの管理方法を学びましょう。
C言語

C言語 明示的キャストと暗黙のキャストの違い【使う時の注意点】

キャストとは型変換の仕組みです。明示的キャストと暗黙のキャストの2つがありますが、注意すべきは明示的キャストの使い方です。キャストの基本的な使い方や使う際の注意点を学びましょう。
2020.03.07
C言語

C言語 動的メモリ【ヒープメモリの使い方と獲得する方法】

動的メモリとは別名ヒープメモリとも呼ばれ、プログラム実行中に任意サイズのメモリを確保できる特徴があります。他のメモリに比べて扱いが特殊なためしっかりと知識を身に付けて扱う必要があります。
2020.03.07
C言語

C言語 静的メモリ【システムに常駐するメモリの役割と使い方】

静的メモリはグローバル変数が配置されるためのメモリ領域です。静的な特性によりシステム起動時からメモリに常駐し、システムが終了するまで値を管理することができます。静的メモリの特徴と使い方を学びましょう。
C言語

C言語 スタックメモリ【ローカル変数が確保される仕組みを解説】

メモリの種類の1つであるスタックメモリの特徴を解説します。スタックメモリはローカル変数が配置されるためのメモリであり、メモリの確保・解放の仕組みは、スタックメモリならではの方法で実現されています。その仕組みを学びましょう。
2020.03.08
C言語

C言語 プログラムメモリ【書き換えできないメモリ領域とは】

メモリの種類の1つとしてプログラムメモリというものがあります。このメモリ領域は関数や定数といった書き換えできない情報が配置されるメモリです。扱う上で注意点もあるため、それを学んでいきましょう。
C言語

C言語 ソースコードの書き方【サンプルフォーマットを公開】

C言語のソースコードには代表的なものとして「変数定義」「関数定義」を行います。しかし、それ以外にも書くものもあります。一体どこに何を書くべきなのかをサンプルコードも交えて学びましょう。
2020.03.01
スポンサーリンク